TOP
52.56score

susi五郎

スポンサーKataribe

サラリーマンのお小遣い平均

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

夫婦合計で50,000円。
これが毎月の我が家のお小遣い額です。

自分のお小遣いが多いのか?少ないのか?
いまいち相場が正しいのか良くわからない場合が多くありませんか?

毎年ニュースで報告されているサラリーマンのお小遣い平均と比較すると自分を含め、知人等でもお小遣い平均額は乖離しているように思います。実際はニュースで報告されている額より少ない場合が多いと感じています。
2015年の調べでは、37,642 円でした。既婚者で奥さんが専業主婦、お子さんがいる場合の平均で27,000円でしたが、ただ年収等でも変動があると思いますので、比率で見ているのかもしれません。

自分の場合、基本は20,000円です。ここから毎月の残業、出張の手当て等で変動というような形を取っています。(残業代が多かった月、出張手当がついた時は、ちょっと多め、逆は少なめ等)
お小遣いを引いた給与は家内へ渡して管理してもらっています。

ある月の内訳ですが
①固定費(携帯+自宅の固定回線):8,000円
②昼食代(弁当と外食併用):3,000円
③飲み代(月2~3回程度):6,000円
とかなりギリギリの状態です。
特に③の部分がかなりきついですが、おかげで安い店を見極めたり、クーポン使用や予約時の値段交渉のテクニックが尋常じゃなく向上しました。残ったお小遣いは少ないながらも貯金はするようにしています。

家内の分についてはお化粧品、美容院なども含めて3万円で設定していますが細かい内訳については、任せています。女性の場合、やはり美容費を削る訳にはいかないと私は思っているので、私より少し多めに設定してはいますが、世間一般的に見るともしかしたら少なめでは?とも思う時があります。とはいえこれで何年もやりくりしており特に喧嘩などはありません。

もめない秘訣としてですが、浮いたお金を家族で共有することでしょうか。(旅行、外食など)
ボーナスの時は、なるべく貯蓄へ回すようにはしますが、それだけでは疲弊しますので1万~2万円ぐらい上乗せしたりしています。

色々工夫しているとは言え、額が多いに越したことはないというのが私の所感となります。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

auユーザーは知らなきゃ損!?auユーザーを優遇しすぎな銀行。「プレミアムバンクfor au」でWALLETポイントが貯まる! [PR]

.

最終更新日:2015-10-25 00:58

シェア本文内に広告が入る場合があります。不要な場合は削除して下さい。

コメント (0)